スープカレー

即席スープカリーのつくりかた

2022年10月26日

札幌スープカリーとはどんな料理?

スープカリーの食事シーン

スープカリーとはカリースパイスとダシの効いたスープにチキンレッグや大ぶりにカットされた野菜が添えられた札幌発祥のメニューであり、今から半世紀前に中央区の喫茶店アジャンタで提供されていた鶏ガラからとったダシにスパイスを加えた薬膳スープが始まりだった。

その後、白石区のマジックスパイスが薬膳スープを独自にアレンジして初めてスープカリーと命名し、西区の札幌らっきょがトマトベースに焦がしバジルを散らした札幌スタンダードを確立。その親しみやすい味わいによりスープカリーは世間に広く知られるようになる。

地元民謹製の即席レシピ

ところで住んでいる地域によってはそもそもスープカリー専門店が無かったり、スープカリーとは名ばかりのパチモンメニューしかなかったり、最寄りのスープカリー屋さんの閉店時間後に無性にスープカリーが食べたくなって困ったという人は少なくないかもしれない。

そこでスープカリーの本場である札幌で育ち、これまでに30軒ほどのスープカリー専門店を食べ歩いた筆者が一般的なスーパーで簡単に調達できる食材と調味料で即席で作ることのできるスープカリーレシピに挑戦してみた。もし良かったら参考にして頂けると嬉しい限り。

こってりマイルド系の赤缶スープカリィ

筆者の調理した赤缶カリィ

こちらはSB食品の赤缶を使ったレシピ。スープはややとろみのある濃厚なこってり味。甘辛いスープはしっかり調理して甘みを増した根菜類とよく合う。(調理時間;スープのみ15分)

材料(1人前)

赤缶カリィの調味料

調味料はどれも全国のスーパーで入手できるものばかり。専門店プロデュースのレトルトスープカリーも市販されているが高価なので即席で作ってしまうにはもったいなくて気が引ける。

  • 玉ねぎ・・・1個
  • カレー粉・・・大さじ2杯
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1杯
  • ガーリックパウダー・・・小さじ1杯
  • すりおろし生姜・・・小さじ1杯
  • 乾燥バジルの粉末・・・小さじ2分の1
  • トマトペースト・・・小さじ1杯
  • スパイスペースト・・・お好みで
  • 一味唐辛子・・・お好みで
  • 黒胡椒・・・お好みで
  • ガラムマサラ・・・お好みで
  • 塩・・・最後に味見しながら適量
  • オリーブオイルもしくはサラダ油・・・適量

つくりかた

玉ねぎを炒める

オイルをしいた小鍋に細切りした玉ねぎを入れて飴色になるまでじっくりと炒める。味に深みを出したいので多少焦げるくらいでいい。

玉ねぎを炒める

スパイスを用意する

カレー粉、一味唐辛子、黒胡椒、ガラムマサラ、乾燥バジル、ガーリックパウダー、すりおろし生姜、鶏ガラスープの素をボウルに用意する。

スパイスを用意する

スパイスの香り出し

炒めた玉ねぎに前述のスパイスを加え、弱火で軽く炒めながらスパイスの香りを引き出す。筆者は厚底のステンレス鍋なので予熱で調理する。

炒めた玉ねぎとスパイスをあわせる

トマトペーストの投入

水を加える直前にトマトペーストと隠し味程度のスパイスペーストを混ぜ合わせる。トマト風味が好きならトマトペーストを一本使ってもOK。

トマトペーストを加える

水を加えて煮立ったら完成

水300ccを加えてから軽く煮立つまでよく混ぜ合わせ、味見をしながら塩を加えて味を決める。味が物足りない時は塩を追加して調整する。

水を入れてひと煮立ちさせたら完成

実食レビュー

完成したこってり濃厚な赤缶カリィ

出来上がったこってりマイルド系の赤缶スープカリィ。ルゥカレーに近いとろみのあるスープで甘辛くてコクのあるまったりした深い味わい。舞茸、じゃがいも、ニンジン、カボチャなどといった甘みの強い野菜をたっぷりトッピングして頂きたい。

赤缶カリィにトッピングする焼き野菜

フライパンで揚げ焼きした野菜を添えて頂く。コンロ数に余裕があれば大ぶりにカットした旬の野菜を素揚げすると専門店らしくなる。

サラサラスパイシー系の鶏ガラスープカリィ

鶏ガラベースのスープカリィ

サラサラスープとザラザラスパイスの食感が特徴の薬膳スパイス系カリースープに挑戦。ガッツリ焼き目をつけた肉系の具材と一緒に楽しみたい。(調理時間;スープのみ10分)

材料(1人前)

ラーメンスープのもととカレーパウダー

とろみのつかないカレーパウダーと塩ラーメン用の鶏ガラスープを使う。今回はソリッドなフレーバーなのでトマトペースト、スパイスペースト、乾燥バジル、鶏ガラスープの素は除外。

  • 玉ねぎ・・・1個
  • カレー粉・・・小さじ3杯
  • 塩ラーメンスープの素・・1人前
  • ガーリックパウダー・・・小さじ1杯
  • すりおろし生姜・・・小さじ1杯
  • 一味唐辛子・・・お好みで
  • 黒胡椒・・・お好みで
  • ガラムマサラ・・・お好みで
  • 塩・・・最後に味見しながら適量
  • オリーブオイルもしくはサラダ油・・・適量

つくりかた

玉ねぎを炒める

玉ねぎを飴色になるまで炒める。今回は甘ったるさを抑えたいので、なるべく玉ねぎを焦がさないように中火で慎重に炒めてゆく。

玉ねぎを炒める

スパイスの香り出し

あらかじめボウルに用意しておいたスパイスを小鍋に投入して玉ねぎと馴染ませながら弱火でじっくりとスパイスの香りを引き出してゆく。

玉ねぎにスパイスを加える

水とラーメンスープを入れる

水300ccと塩ラーメンスープのもとを入れてひと煮立ちするまでよくかきまぜる。味見をしながら塩を加えてフレーバーをコントロール。

水とラーメンスープを入れて沸騰したら完成

実食レビュー

完成した鶏ガラスープカリィ

サラサラスパイシー系の鶏ガラスープカリィはとろみ感ゼロの正真正銘のサラサラスープに仕上がった。じっくり炒めた玉ねぎと鶏ガラフレーバーのおかげでしっかりとした深みと味わいも感じる。スパイスのザラザラ感もきちんと再現できたようで我ながら大満足。

グリルしたチキン

今回はグリルドチキンの組み合わせ。鶏ガラベースのカリースープと鶏肉のトッピングが合わないはずがない。ソリッドなスープゆえに肉の旨味がかえって際立つ印象。

もし入手可能であれば札幌の調味料メーカー、ベル食品のガラベースを使えば本格的なスープカリーの風味をカンタンに再現できる。ちなみに同社ではネット販売も行っている。

即席スープカリーのつくりかたまとめ

筆者が調理した即席スープカリー
具材をスープに投入するとこんな感じ。箸休めの生サラダも添えて健康的な食事に。

今回は一般的な食卓でおなじみのごくありふれた調味料を使って対極的な2つのメニューを作ってみた。当然ながら厳選された自然食材を手間ひまかけて調理した専門店の味には遠く及ばないが、素人料理にしては結構いい線いってたのではないかと自画自賛している。

もっとも本当に美味しくて健康的なスープカリーを堪能したければ、やはりきちんとした専門店を訪れるのが正解。ということで当サイトでは我々が実際に訪れた札幌市内の美味しいスープカリー専門店を随時紹介してゆくのでお店選びの際にご活用頂ければ幸いである。

  • この記事を書いた人

山口光博

札幌育ちの人事コンサルタント。学生バイト時代を含めると、コンビニ、食品スーパー、GMS、物流センター、産廃処理など、流通チャネルの多様な職場を経験し、小売業に詳しい。好きなものはカレーとウイスキーと映画鑑賞。

-スープカレー